2017/06/09 07:05

「尾崎豊伝説」没後25年特別レポート

「尾崎豊伝説」没後25年特別レポート
「尾崎豊伝説」没後25年特別レポート
 今から25年前の1992年4月25日、一人の男がこの世を去った。日本音楽界の歴史に名を残すロッカー、“尾崎豊”だ。26歳という若さの早すぎる死に当時、全国に衝撃が走った。

「尾崎さんが亡くなったと聞いたときは、何かの間違いであると思い、信じられませんでしたね。その後、僕のところにはマスコミや心配した知り合いから、ひっきりなしに電話が鳴り続けていました」

 こう話すのは尾崎の楽曲の共同制作者であり、デビューから晩年まで最も交流の深かったプロデューサー・須藤晃氏だ。今回、没後25周年を記し発売された特別ムック『別冊宝島2559 尾崎豊 Forget Me Not』(宝島社)の監修を務めた。同誌には尾崎の様々な偉業が記されているが、今まであまり明かされてこなかった伝説も多く書かれている。たとえば、楽曲制作について。

「実は制作を進めていて、尾崎さんが一度しか歌わなかった曲がたくさんあるんですよ。感情を未整理のまま伝えるレコードを作りたくてね。レコーディングは記録。だから、それで一発OKにしていた。その1回で十分だったんですよね」(前同)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >