2017/06/09 19:05

衝撃の不倫ドラマ『昼顔』その色あせない魅力

衝撃の不倫ドラマ『昼顔』その色あせない魅力
衝撃の不倫ドラマ『昼顔』その色あせない魅力
 上戸彩(31)がドロドロの不倫妻を演じたドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)。その映画版となる『昼顔』が6月10日より全国で公開となる。

 ドラマ版『昼顔』は2014年に放送され、最高視聴率16.7%、全話平均13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率を記録、社会現象にもなった大ヒット作品だ。ここでは、その魅力について振り返ってみよう。

 物語は、上戸演じる平凡な主婦・笹本紗和がある日、不倫を繰り返す滝川利佳子(吉瀬美智子/42)と出会うことから始まる。最初は不倫に嫌悪感を抱いていた紗和だったが、既婚者で高校の理科教師の北野裕一郎(斎藤工/35)と知り合ったことをきっかけに、自らも禁断の恋愛にのめり込んでいく。

 ちなみに、タイトルにもなっている“昼顔妻”とは、夫を会社に送り出した後、昼間の時間だけ花を咲かせるように不倫にのめり込む主婦のことで、1967年公開のカトリーヌ・ドヌーヴ主演映画『昼顔』を語源とする造語。ドラマのヒットによってこの言葉が大きな注目を集め、2014年のユーキャン新語・流行語大賞にもノミネートされている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >