2017/06/09 12:05

小さな巨人、長谷川博己は「理想の上司」?

小さな巨人、長谷川博己は「理想の上司」?
小さな巨人、長谷川博己は「理想の上司」?
 6月4日、ドラマ『小さな巨人』(TBS系)の第8話が放送。長谷川博己(40)演じる香坂真一郎が話題を集めている。

 ドラマでは「早明学園」で起きた殺人事件をめぐる“豊洲署編”に突入。殺人事件の容疑者として浮上したのは、事務局の経理課長・横沢裕一(井上芳雄/37)で、現在失踪中。妻の横沢亜美(中村アン/29)と接触する可能性が高いため、彼女が心を許している新人刑事・三島祐里(芳根京子/20)が見張り役に起用される。

 しかし三島は亜美への同情から、捜査情報を漏らし、接触するはずだった横沢に逃げられてしまう。失態を犯した三島は「すみません、捜査に私情を挟んではいけないのに……」と香坂に謝罪。しかし香坂は「いや、誰だって私情は挟む、私だってそうだ」「刑事だって人間なんだ。迷って良いんだ」と声をかける。そして“私情”で動いた三島にしかできない行動を提案し、結果横沢を確保することに成功する。

 大失敗した部下を頭ごなしに怒らず、逆に生かす道を示すという香坂に、視聴者からは称賛が続出。「部下をフォローするのは理想の上司の絶対条件」「香坂さんほんと男前! こんな人が上司だったら良いのに」「これは所轄メンバーみんな惚れてるだろうな~」と、ネットには“理想の上司像”だと評価する声が多く上がっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >