2017/06/16 07:05

「月9より火9」フジの看板ドラマ枠が変動?

「月9より火9」フジの看板ドラマ枠が変動?
「月9より火9」フジの看板ドラマ枠が変動?
 火曜夜9時放送のドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(カンテレ・フジテレビ系)が13日に最終回を迎え、平均視聴率9.6%を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。全話の平均視聴率は10.5%と高い数字を残した。今回の好調を受け、「月9よりも火9」と視聴者の注目が集まっているようだ。

 2017年に入って、フジテレビは「火9枠」ドラマとして、草なぎ剛(42)主演の『嘘の戦争』(カンテレ・フジテレビ系)を放送。草なぎが“詐欺師”を演じたこのドラマは、先が気になるスリリングな展開が大好評で、最終回は視聴率11.6%をマーク。全話2桁視聴率となる好記録を達成した。

 その勢いは4月から同枠で放送された『CRISIS』でも衰えず、初回13.9%と好スタート。映画のような迫力あるアクションに注目が集まり、第8話では「7分30秒」という長回しのアクションシーンも話題に。結果、最終回まで好調を維持したまま、幕を閉じた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >