2017/07/13 07:05

ジャニーズ「A.B.C」が「A.B.C-Z」になったワケ

ジャニーズ「A.B.C」が「A.B.C-Z」になったワケ
ジャニーズ「A.B.C」が「A.B.C-Z」になったワケ
 ジャニーズグループの中でも、特にアクロバティックなパフォーマンスが特徴的なA.B.C-Z。最近ではバラエティ番組などを中心に、メンバーそれぞれが活躍の場を広げている。そんなA.B.C-Zのセンターで、“クールキャラ”なのが最年少の橋本良亮だ。

 A.B.C-Zはもともと、現メンバーの戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一が活動していたA.B.Cというユニットだった。グループ名の由来は、Acrobat(アクロバット)、Boys(ボーイズ)、Club(クラブ)。長い間、KinKi Kids堂本光一や、タッキー&翼の滝沢秀明らの主演舞台をサポートしており、当時ジャニーズグループでメンバー全員がバック宙をできる唯一のグループだったため、バックダンサーとして引っ張りだこだったそうだ。

 そんな4人組に、当時15歳で最年少の橋本が加入。ジャニー喜多川社長から「ユーたち、今日からA.B.C-Zだよ」と言われ、デビューが決定した。ユニット名には、これまでの“A.B.C”に、アルファベットの最後を意味する“Z”がつけ足された。他にも“Z”には“Zero”に返って再スタートを切るという意味も込められているのだとか。

 そんな橋本良亮は、現在、歌舞伎俳優の片岡愛之助らとともに舞台『DEATH TRAP』に出演中だ。橋本にとって初のサスペンス作品への挑戦ということで、ファンの注目を集めている。

ブリュレ

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >