2017/08/16 17:05

コナン、毛利小五郎が自力で解決した“珍事件”

コナン、毛利小五郎が自力で解決した“珍事件”
コナン、毛利小五郎が自力で解決した“珍事件”
 小学生の姿をした江戸川コナンが難事件を解決していく、青山剛昌氏による大人気ミステリー漫画『名探偵コナン』(小学館)。毛利小五郎を麻酔銃で眠らせたコナンが、小五郎のふりをして「推理ショー」を行い、事件を解き明かす展開は“毎度のお約束”となっている。その小五郎といえば、いつもは見当違いの推理を披露して周囲をあきれさせるキャラ。しかし、中には小五郎が自らの手で難事件を解決した“貴重なエピソード”も存在する。

 まずは原作コミック9巻に収録されている『小五郎の同窓会殺人事件』というエピソード。小五郎が大学の柔道部時代の同窓会に行き、そこで殺人事件が発生するこの話。事件の状況的に、犯人は同窓会メンバーしかありえないということで、小五郎は自分の手で事件を解決することを決意、この小五郎の意気込みが、コナンに麻酔銃を撃つことをためらわせることに。コナンの絶妙なアシストに助けられながらも、小五郎は事件を自力で解決してみせたのだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >