2017/07/29 07:05

『ドラクエ』がファミコン時代から「色あせない」理由

『ドラクエ』がファミコン時代から「色あせない」理由
『ドラクエ』がファミコン時代から「色あせない」理由
 かつてのファミコンキッズが、子どもの頃に夢中で遊んだ思い出をオトナの視点から振り返る。今回のテーマは、日本人の誰もが愛する『ドラゴンクエスト』。ファミコン時代から受け継がれる、その「すごさ」とは?

<対談者紹介>
◆OYSTER(オイスター):ファミコン大好きな漫画家。現在『月刊まんがタウン』(双葉社)にて『新婚のいろはさん』を連載中。代表作に『光の大社員』『超可動ガール1/6』等。(※OYSTERの「O」は、ウムラウトつきで表記)
◆軽部にーさん:ファミコン大好きな編集者。ゲーム雑誌の編集等を経て、現在はフリーのファミコン好きエディターとして活動中。



軽部にーさん(軽部):日本にRPGというジャンルを定着させた『ドラゴンクエスト』シリーズは、ファミコンだと4作品出ています。この中だと、一番好きなのはどれですか?

OYSTER(オイ):『3』ですかねぇ。にぎやかでゲームの自由度も高いし。あと、平原の曲がいさましくて好きなんですよ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >