2017/08/16 07:35

ドラマ・映画の役柄で歌手デビューした俳優たち

ドラマ・映画の役柄で歌手デビューした俳優たち
ドラマ・映画の役柄で歌手デビューした俳優たち
 2005年、KAT-TUNの亀梨和也(31)と山下智久(32)がドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)の役の名前でデュオを組み、“修二と彰”としてリリースした『青春アミーゴ』がミリオンヒットを記録した。

 二人は今年、“亀と山P”として再びタッグを組み、ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)の主題歌『背中越しのチャンス』をリリースしたが、このようにドラマや映画の役柄として楽曲を実際に発表し、大ヒットにつながる例は数多い。

 俳優の桐谷健太(37)はauのCMの役柄である浦島太郎として歌った『海の声』をデジタル配信し、大ヒット。『第58回輝く!日本レコード大賞』にて優秀作品賞を受賞したり、『NHK紅白歌合戦』に出場するなど異例の活躍を見せた。

 また、若手イケメン俳優の菅田将暉(24)は、音楽グループ“GReeeeN”の代表曲『キセキ』誕生にまつわる軌跡を描いた映画『キセキ −あの日のソビト−』に出演。共演の成田凌(23)、横浜流星(20)、杉野遥亮(21)とともにGReeeeNの前身グループとなった、“グリーンボーイズ”を演じた。さらに4人は実際にCDデビューを果たし、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演し、『キセキ』と『声』を熱唱して大きな話題を呼んだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >