2017/08/02 11:20

“伝説の浅草芸人”急死で、愛弟子たけしがしたこととは?

“伝説の浅草芸人”急死で、愛弟子たけしがしたこととは?
“伝説の浅草芸人”急死で、愛弟子たけしがしたこととは?
 80年代の漫才ブームを牽引した伝説の漫才コンビ「ツービート」。放送コードを無視した過激すぎる毒舌ネタを畳み掛け、あっと言う間に日本一の売れっ子になったのは、ご存知の通り。ただ、たけし本人は漫才師になる気はまったくなかったという。ツービート結成秘話が詳述されている話題の書『もうひとつの浅草キッド』(ビートきよし著、双葉文庫、660円税込、8月2日発売)から真相を探る――。

『ビートたけしが漫才師になるのを「嫌がった理由」が泣ける!!【前編】』はコチラから

【前編のあらすじ】浅草のストリップ劇場フランス座で、幕間のコントを演じ芸歴をスタートしたビートたけし。一方、先に芸人の世界に身を投じ、斜陽産業だったストリップに見切りをつけ、漫才師として新境地を探っていた相方のビートきよし。フランス座を離れ「二郎次郎」なるコンビを組んで活動を開始するもコンビ解消したきよしは、新たな相方としてたけしを口説く。ところが、たけしはフランス座にこだわり、きよしの誘いを断り続けていた。たけしが漫才師転向を拒む理由、それは師匠である“伝説の浅草芸人”深見千三郎を悲しませたくないからだった――。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >