2017/08/11 08:05

木村佳乃『ひよっこ』での“神”演技には、あのドラマの影響が!?

木村佳乃『ひよっこ』での“神”演技には、あのドラマの影響が!?
木村佳乃『ひよっこ』での“神”演技には、あのドラマの影響が!?
 8月に入り、連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)も残り2か月。ここにきて物語は大きく動いた。有村架純(24)演じるヒロイン谷田部みね子の失踪していた父、実が見つかったのだ。実を演じるのは、沢村一樹(50)。これまでの和やかなハートフルコメディが一変、シリアスな愛憎劇になり、見ているこちらも毎度ドキドキだった。

 先週の放送で注目したいのはなんといっても木村佳乃(41)が演じるヒロインの母、美代子だ。みね子(有村)から実(沢村)発見の手紙をもらったときの、激しく混乱しながらもすべてを飲み込んだ演技は、美しく凛としていて、忘れ難い。そして8月2日の放送回では、菅野美穂(39)演じる、実(沢村)と2年間一緒に暮らしていた女優の川本世津子とついに対峙し、物語のクライマックスを迎えた。

 みね子(有村)とともに世津子(菅野)の家を訪れた美代子(木村)は、実(沢村)に、本当に自分たちのことは覚えていないのかと詰め寄る。記憶喪失で覚えていないことを謝る実(沢村)。そして、美代子(木村)は世津子(菅野)に、なぜ警察や病院に届け出なかったのかと激しく当たる。みね子(有村)がどんな思いで働いているのか、家族がどんな思いで過ごしてきたのか涙ながらに語ったが、みね子(有村)は一筋の涙を流すことしかできなかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >