2017/08/21 06:35

テニスの王子様、必殺技が“ぶっ飛びすぎ”!?

テニスの王子様、必殺技が“ぶっ飛びすぎ”!?
テニスの王子様、必殺技が“ぶっ飛びすぎ”!?
『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載されていた人気テニス漫画『テニスの王子様』。現在は続編の『新テニスの王子様』が『ジャンプスクエア』で好評連載中だ。同作はバトル漫画もビックリするような"奇想天外な必殺技"が数多く登場することでも知られている。そこで今回は、読者の間で特に“ぶっ飛んでいる”と評判のとんでもない必殺技を紹介しよう。

 連載初期の頃はスライスサーブの逆回転版「ツイストサーブ」や、良く曲がるショット「スネイク」など、現実でもありそうな技が多かった。そんな中、『テニスの王子様』の必殺技のレベルを一段階上げたと言われているのが、菊丸英二の「菊丸印のステップ」だ。アクロバティックなプレーが得意の菊丸は、この技により“分身”を実現した。

 実際はものすごく速い左右のステップを繰り返して相手に残像を見せているらしいが、どう見ても完全に分身しているようにしか見えないこの技。これを見た主人公の越前リョーマは「ほーんと猫っすね」と驚いていたが、「猫は分身しない」「人間の域を超えてきた」と当時ネットでは話題を集めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >