2017/10/24 07:35

地下アイドルから朝ドラ主演、葵わかなの仰天経歴

地下アイドルから朝ドラ主演、葵わかなの仰天経歴
地下アイドルから朝ドラ主演、葵わかなの仰天経歴
 第3話では視聴率22.3%を叩き出し、10日放送の第8話までの平均視聴率が20%を突破した10月スタートのNHK朝ドラ『わろてんか』。その後、視聴率はやや下降傾向ながらも、いまだに高い数字をキープ。これは、オーディションで2378人の中からヒロインを勝ち取った、葵わかな(19)への期待の表れと言えるだろう。

 芸能評論家の三橋りの氏は、こう話す。「葵は以前から演技力に定評があった一方で、同世代の広瀬すず(19)や平祐奈(18)などと比べると、派手さに欠けます。ですが、それが、設定が明治時代の本作にピタリとハマった。鮮やかな赤い着物姿は清楚であり、艶やかであり、好印象です」 朝ドラヒロイン特有の、「大胆行動は見ていて危なっかしく、つい感情移入してしまう」(前同)と、視聴者受けも当然のことだと言う。

■アイドルグループ『乙女新党』に所属 それもそのはず、小学5年で芸能界入りし、女優歴はすでに8年。長い芸歴の中で特に際立つのは、“地下アイドル”としての過去だ。「実は彼女、2012年からアイドルグループ『乙女新党』に所属していました。グループのキャッチフレーズは『ポジティブな“2軍”やや中学生アイドル』で、曲にはメンバーの名前が入った歌詞があるなど、全体的にB級っぽさが漂っていましたね」(前同)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >