2017/11/07 19:05

血だらけでも握手、さんま「驚愕の神対応」

血だらけでも握手、さんま「驚愕の神対応」
血だらけでも握手、さんま「驚愕の神対応」
 共演者のみならず、スタッフやファンにまで優しいことで知られるのが、お笑いタレントの明石家さんま(62)。「お笑い怪獣」とも呼ばれるさんまの、驚きの“神対応”を紹介していこう。

 2016年11月26日放送の『誰も知らない明石家さんま』(日本テレビ系)では、視聴者の女性から寄せられた“伝説的な神対応”を再現VTRで紹介するコーナーがあった。それによると、その女性は、03年に放送された、さんま主演のテレビドラマ『さとうきび畑の唄』(TBS系)の撮影現場に行った際、側溝に落下し大怪我をしてしまった。

 するとそれに気づいたさんまが駆けつけ「起き上がれるか?」と女性を引き上げて介抱してくれたという。しかもその後、さんまは女性の血まみれの手に、ためらうことなく握手してくれたという。

 また、17年1月15日に放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演した、関根麻里(32)の夫で韓国出身の歌手、K(ケイ/33)のトークによると、二人のウェディングパーティにさんまが出席。その際に、二人はさんまに、席に座ってゆっくり楽しむよう伝え、さんまも了承していたのだが、いざパーティが始まると、さんまはステージに上がってしゃべりまくったのだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >