2017/11/05 08:05

陸王、竹内涼真の“泣き演技”に「神がかってる」

陸王、竹内涼真の“泣き演技”に「神がかってる」
陸王、竹内涼真の“泣き演技”に「神がかってる」
 池井戸潤氏の原作による、役所広司(61)主演のドラマ『陸王』(TBS系)。10月29日に放送された第2話で見せた、マラソンランナーの茂木裕人を演じる竹内涼真(24)の“泣き”演技が、大絶賛を集めている。

 経営難の足袋製造会社「こはぜ屋」を舞台に、新しいランニングシューズ「陸王」の開発に挑む宮沢紘一社長(役所)の姿を描く同作。前話で茂木は、国際マラソン終盤で足の痛みに襲われて途中棄権となり、ライバル選手の毛塚(佐野岳/25)に敗れてしまう。

 第2話では茂木がランニングフォームの再調整に苦心。さらに、スポンサーであるスポーツ用品メーカー「アトランティス」からサポート停止を告げられ、茂木は苦境に立たされてしまう。

 半ばやけになってトレーニングに励む茂木だったが当然うまくなどいかず、感情をむき出しにして苦悩する姿を見せる。そんな茂木に対して、陸上部監督の城戸(音尾琢真/41)は「何様のつもりだ」「全部自分自身の責任だ」と激しく叱責。それでも見放すことなく「はい上がれ、茂木」とハッパをかける城戸の言葉に、茂木のほおに涙が伝った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >