2017/11/02 17:55

坂本龍一、“ダメ出し”監督への恨み告白

坂本龍一、“ダメ出し”監督への恨み告白
坂本龍一、“ダメ出し”監督への恨み告白
 11月1日、東京の六本木ヒルズで世界的作曲家の坂本龍一氏(65)のスペシャルトークイベントが行われた。

 このイベントは、東京国際映画祭で坂本氏に贈られた第4回『SAMURAI賞』受賞を記念して行われたもの。

『戦場のメリークリスマス』(1983年公開)や、『シェリタリング・スカイ』(1990年公開)、『レヴェナント:蘇えりし者』(2015年公開)など、映画音楽に携わってきた坂本氏が、その制作秘話や音楽への想いを1時間以上にわたって熱く語った。

 今でも坂本氏の代名詞といえる『戦場のメリークリスマス』の音楽だが、実は、大島渚監督から俳優としてオファーを受けた際に、「音楽をやらせてくれるなら出てもいい」と“強気”に出たところ、大島監督がそれに応じ、坂本氏が映画音楽を手がけることが実現したという。坂本氏は当時のことを振り返り、「生意気」「ばくちだよね」と照れ笑いを浮かべた。

 さらに“戦メリ”のメロディについて「突然意識がなくなって、目が覚めたら譜面が書いてあったんです」と衝撃の事実を告白し、観客を沸かせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >