2017/11/21 06:05

監獄のお姫、満島ひかりに“ギャップ萌え”!?

監獄のお姫、満島ひかりに“ギャップ萌え”!?
監獄のお姫、満島ひかりに“ギャップ萌え”!?
 11月14日、ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)の第5話が放送。女刑務官、若井ふたば役の満島ひかり(31)の演技が、視聴者の間で注目を集めたようだ。

 このドラマは、罪を犯した5人の女と罪を憎む1人の女刑務官が、イケメン若手社長の板橋吾郎(伊勢谷友介/41)に復讐するという物語。第5話の冒頭では、吾郎を誘拐した馬場カヨ(小泉今日子/51)たちが、吾郎に犯行声明を読ませる場面が描かれた。

 吾郎はしぶしぶ犯行声明を読むが、“誘拐犯”や“犯人”といった単語を、すべて「おばさん」と言い換えたため、カヨや勝田千夏(菅野美穂/40)たちは憤慨。

 このやりとりを、ふたばは他人事のように見ていたが、千夏が「おばさんってワードに反応してガーッと(文句を言いに)行くとき、先生(ふたば)は反応しないんですね」と指摘。自分はおばさんではないと言いたげなふたばは、その場にいた検事の長谷川信彦(塚本高史/35)に「私(おばさんに)入ってる? 入ってないよね?」と質問。長谷川は「入ってないって思ってるんだろうなぁって、思ってましたよ」と返し、ふたばはショックを受ける。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >