2018/04/01 07:00

『西郷どん』、泉ピン子の圧倒的「バケモノ感」に戦慄

 3月25日に放送された大河ドラマ『西郷どん』(NHK)の第12話。徳川家13代将軍、徳川家定の母を演じる泉ピン子(70)の演技が「迫力がすごい」「化け物感がある」「圧倒された」と話題になっている。

関連:泉ピン子“若手女優いびり”批判報道の渦中で自殺を考えていた!?

 同話では、北川景子(31)演じる篤姫と将軍家との婚儀を取りつけるため、篤姫の教育係である幾島(南野陽子/50)が大奥の最高権力者である本寿院(泉)と面会することに。本寿院は、丁寧に礼をする幾島を見下ろしながら、ゆったりお菓子をつまむという貫禄たっぷりの姿を見せつけたかと思うと、幾島の出身である薩摩藩からの土産に礼を言った後に「さて幾島!」と声を張り上げる。そして「このような豪華な献上の品々をもらっては、知らん顔はできませぬな」と、幾島にもくろみがあることを看破した。

 幾島も「さすがは本寿院様。お見通しでございましたか……」と篤姫の話を始めるのだが、本寿院は「我らの後押しが欲しいということじゃな?」と、迫力満点に問いかけた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >