2018/04/04 18:00

おばたのお兄さん、小栗旬ものまね「ま~きのっ」にパクリ疑惑!?

 3月28日に放送された『良かれと思って!』(フジテレビ系)に、ものまね芸人のおばたのお兄さん(29)が出演。自身の一番の持ちネタが、他芸人のパクリであることを暴露された。

 俳優の小栗旬(35)がドラマ『花より男子』(TBS系)で演じた花沢類が、ヒロインを呼ぶ際の「ま~きのっ」というセリフのものまねで一躍ブレイクしたおばたのお兄さん。先日、フジテレビの山崎夕貴アナ(30)との結婚も発表し、まさに順風満帆である。

 そんなおばたのお兄さんは、番組内にて、小栗本人に、今年の正月に電話で新年のあいさつをした際、「一個文句言っていい?」と言われ、「近くの公園に遊びに行くんだけど、遊んでる子どもたちが俺に向かって“ま~きのっ”って言ってくるんだけど、これおまえのせいだよな?」と苦情を言われたというエピソードを告白した。

 しかし、この「ま~きのっ」が、どうやらおばたのオリジナルネタではないらしい。同じくものまねタレントの古賀シュウ(50)によれば、「ま~きのっ」というネタは、哀川翔(56)などのものまねで有名な花香よしあき(38)が先に始めたものなのだという。それについて古賀が「お互いどう思っている?」と問うと、花香は「確かに僕は『(爆笑)レッドカーペット』(フジテレビ系)のときからやってました」と発言。続いて「でも、僕は(小栗に)まったく顔が似ていないので。完全に(おばたのお兄さんに)負けてるわけですよ」とおばたのネタを認めた。

 おばたのお兄さんも花香が小栗のものまねをしていることについて、「知っています、もちろん。小栗旬さん(のものまね)を一番最初にやった人なんじゃないかな。“僕が小栗旬だ”というネタを作り出したのも花香さん」と、ドラマ『リッチマン、プアウーマン』(フジテレビ系)の際の小栗のものまねについても言及した。これを受けて花香は、怒るでもなく、「周りの人からはよく“あれ花香くんのじゃない?”と言われるが、そもそも僕のじゃなくて“小栗さんの”ですし……」と謙虚に語った。

「ものまねパクリ問題は他の芸人の間でも多いようで、番組内では、長州小力(46)の“キレてないですよ”は、くりぃむしちゅーの有田哲平(47)のネタであるいうこと、またアイデンティティ田島(33)がやっている声優の野沢雅子のものまねは、同じくものまねタレントのみかん(34)が先駆者であると明かされていました。ものまね界においては、先にブレイクしたもの勝ちのようですね」(芸能誌ライター)

 笑いの裏に熾烈な争いがあるようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >