2018/04/07 21:00

石井一久が力説、“ドーハの悲劇”は武田修宏のせい!?

 4月1日放送の『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)に、サッカーの元日本代表選手でタレントの武田修宏(50)が出演。元メジャーリーグ投手で野球解説者の石井一久(44)から、1993年のFIFAワールドカップアジア地区最終予選のイラク戦で、日本代表が同点に追いつかれ、初のワールドカップ出場を逃した、いわゆる“ドーハの悲劇”の責任を追及される場面が見られた。

 この日の番組にゲストとして登場した武田は、アスリートらが自らの競技に関するクイズを出す“ジャンクQUIZ”のコーナーで、「ドーハの悲劇の頃、日本代表選手の報酬は1日いくら?」という問題を出題。正解について「1日9000円」と発表すると、出演者からは驚きの声が上がった。

 この流れでMCを務めるダウンタウン浜田雅功(54)が、石井にサッカーが好きなのか聞くと、石井は「すごい大好きです」と即答。サッカーが好きなだけに“ドーハの悲劇”には思うところがあったようで、「武田さんのことをあえて、武田と呼ばせていただきます」と切り出すと、その試合における武田のプレーについて、ダメ出しを始めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >