2018/04/15 19:30

乃木坂46与田祐希、中学時代に書いた手紙に赤面!「変な涙出てくる」

 4月8日に放送された『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で、乃木坂46の3期生である与田祐希(17)が、中学時代に書いた手紙を披露され、顔を真っ赤にしながら恥ずかしがる場面があった。

関連:乃木坂46きっての野球好き、衛藤美彩の『プロ野球ニュース』キャスター就任にファンも感激!

 この日は“ウチの子いいでしょGP三期生編”と題され、3期生メンバーに内緒で家族にアンケートを実施して、メンバーの幼少期の写真やエピソードなどが紹介された。その中で“私だけの宝物”という、親が大事にしている娘に関する物を披露するコーナーでは、与田本人が中学生当時に書いたという、“10年後の自分を励ます手紙”が発表された。

 MCを務めるバナナマン設楽統(44)が読んだ内容は、「結婚してないし彼もいないと思います。でもそれは悪いことじゃないよ。いつかできると信じて頑張ってください」「厳しいときは動物を飼えば大丈夫。あと、お金は大切にしてください。家族とかおばあちゃんをハワイに連れていけるように頑張れ」というもの。これを聞いたMCを務めるバナナマンの日村勇紀(45)は、「しっかりしてるねぇ」と褒めていた。しかし与田本人は「めっちゃ恥ずかしい! やばいやばい」と、耳まで真っ赤にし、手で顔を覆ってしまう。乃木坂メンバーからは「かわいい!」と声が上がるも、本人は「変な涙出てくる」と、終始恥ずかしそうな表情を見せていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >