2018/04/28 21:00

中居正広『身になる図書館』が波紋、番組内容が“あの番組”に酷似?

 4月23日、中居正広(45)が司会を務める『中居正広の身になる図書館』(テレビ朝日系)が放送。番組の内容が、“ある番組”に酷似していると波紋を呼んだようだ。

 この日は、「アスリートの報奨金&フィギュアスケートの秘密SP」と題し、オリンピックのメダリストたちが獲得した報奨金の話から、ふだんの練習や大会遠征にかかる費用の話まで、アスリートの懐事情に切りこむ内容が放送された。

 その中で競泳の松田丈志選手(33)は、オリンピックでのメダル獲得時にJOC(日本オリンピック委員会)の報奨金はあったものの、「水泳連盟からの報奨金はない」と明かし、中居を驚かせた。

 しかし、ロンドンオリンピックで銅メダルを獲得した際には、所属企業から報奨金をもらったそうで、その額はなんと1000万円。そのお金でベンツを購入したという。

 その一方、スノーボードの岩垂かれん選手(24)は、「スノボはシーズンスポーツなので、シーズンが終わるとみんな住み込みで農家のバイトをする」と衝撃の告白。同じトップアスリートでも、競技によってその懐事情には大きな差があることが判明した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >