2018/05/09 09:30

滝沢カレン、黒柳徹子の言葉に感動の涙

 5月3日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)にモデルでタレントの滝沢カレン(25)が出演。幼少期からの家族の思い出を語り、司会の黒柳徹子(84)にかけられた優しい言葉に、涙する場面が見られた。

 ウクライナ人の父と日本人の母を持つハーフの滝沢は、「生まれも育ちも日本なのに日本語が苦手」と、“不思議な日本語”キャラで注目を集めている。滝沢は生まれる前に両親が離婚しており、「逆に良かったというか、お父さんという存在を知らなかったんで、(父親を)欲しいとも思ったことがない」と振り返り、父親代わりの祖父は、自分と目が合えば500円をくれるような優しい人だったと語ると、黒柳は「あら、いい~」と笑った。

 黒柳が、『徹子の部屋』出演は滝沢の念願だったことに触れると、『徹子の部屋』は滝沢の祖母が大好きな番組で、小学生の頃から一緒に見ていたと説明。続けて、母親が通訳の仕事で忙しかったため、祖母が母親代わりだったとし、「いろんなことを知っていて」「(祖母ほど)すべてをやりきって生きたっていう女はいない」と、3年前に80歳で亡くなった祖母のことを語り、大好きで尊敬していたと続けた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >