2018/05/14 07:00

『コンフィデンスマンJP』、まさかの“セルフパロディ”に「破壊力ありすぎ」

 5月7日、月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)の第5話が放送。同ドラマの“セルフパロディ”が登場し、大きな話題となったようだ。

 このドラマは、ダー子(長澤まさみ/30)たち詐欺師集団が、悪徳な資産家たちから大金をだまし取っていく物語。第5話でダー子たちのターゲットになったのは、野々宮総合病院の理事長である野々宮ナンシー(かたせ梨乃/61)だった。

 野々宮理事長は、腕利きの医師を薄給でこき使ったうえ、その医師が病院を離れようとすると医療過誤をでっち上げて、医学界から追放するという悪事を行っていた。そこでダー子の詐欺師仲間であるボクちゃん(東出昌大/30)が身分を偽り、後任の医師として理事長の面接を受けることに。

 このとき、ボクちゃんが面接を受けた部屋には絵画が飾られていたが、実はこの絵画は第3話にも登場したもの。第3話でダー子は、ターゲットの美術評論家をだますため、オランダ人画家のヨハネス・フェルメールの名画『真珠の耳飾りの少女』のヘタクソすぎる贋作を描いていた。その絵が飾られていたのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >