2018/05/13 07:00

『イッテQ』、ロッチ中岡もマジギレ「番組ADのミス」に批判続出

 5月6日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、ロッチの中岡創一(40)が全身激辛ソースまみれになった。その悲劇の要因となった番組ADのミスに、批判が集まっているようだ。

 この日の放送では、ふだんのレギュラーコーナーの出演者をシャッフル。中岡は、人気企画「珍獣ハンター ワールドツアー」に出演するため、コスタリカ共和国を訪れた。

 そしてコスタリカの特産品を紹介していく中で、中岡はタバスコの200倍辛いといわれる「サルサ マタ マトネス」というソースをピックアップ。ソースの名前を直訳すると「チンピラを殺すソース」なのだという。

 その後、中岡はそのソースがどれだけ辛いのかを実際リポートすることに。その方法は、仰向けになった中岡が長いチューブをくわえ、上からソースを流しこむというもの。中岡がチューブに息を吹き続ければ、激辛ソースは口に入らない仕組みのため、挑戦前に中岡は「本気で(ソースを)跳ね返す!」と意気込んでいた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >