2018/05/15 12:30

高橋真麻、一般人による“イジり”に苦言 「軽々しくしてはダメ」

 5月10日、フリーアナウンサーの高橋真麻(36)が、自身のブログを更新。一般人の“イジり”に対して苦言を呈した。

 この日、高橋は「イジり 弄り」というタイトルでブログを更新。最初に辞書に載っている“イジり”という単語の意味について解説。そのうえで「私が働いている業界では、イジリはエンターテインメントコンテンツでありイジリが無いとみんな困っちゃいます」「私も然り」と、イジりの重要性を説いた。

 そして高橋は、庭弄り、車弄りという言葉を例に挙げ、「庭が好きだから弄る」「車が大切だから弄る」というのが“イジり”の本来の意味だと説明。「私にとって現場での弄りには感謝しかないのです」と、テレビ番組などでの“イジり”には、相手を思いやる側面があるとつづった。

 しかし、高橋はイジった側がネットで批判されることに心を痛めているようで、「どうしたもんかなぁ…」と発言。そして「まぁ私自身、たまにプライベートで弄られると実際ムカッとする事もあります」と語り、プロがイジるのと、素人が雑にイジるのでは、「キャリアとクオリティが違う」との見解を述べた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >