2018/05/17 10:00

『モンテ・クリスト伯』伊武雅刀の“目だけ”の演技「めちゃくちゃ怖い」

 ディーン・フジオカ(37)の主演ドラマ『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』(フジテレビ系)。緊迫感のある演出が話題の同作第4話で、寝たきりの老人を演じる俳優の伊武雅刀(69)が見せた表情に「すごい」「めちゃくちゃ怖い」と賞賛が集まっている。

 アレクサンドル・デュマによる『モンテ・クリスト伯』をベースにした同ドラマは、仲間にハメられたことで15年もの間、外国の牢獄に幽閉されていたディーン演じる漁師の柴門暖が、多額の資産を得て帰国後、“モンテ・クリスト・真海”と名前を変えて関係者たちに復讐していくという物語。

 第4話では、真海の復讐計画だけでなく、関係者たちの状況の変化も描かれた。暖に無実の罪を着せた張本人である警視庁の入間公平(高橋克典/53)は、娘の未蘭(岸井ゆきの/26)を政略結婚させようと企んでいた。

 伊武が演じるのは、公平の父で、脳梗塞で倒れて以降歩くこともしゃべることもできなくなった、世界的ファンドの元代表で30億円の資産を持つ入間貞吉役。公平は「思考能力があるのかどうかも疑問だ」と貞吉を下に見て、雑に報告をして貞吉の了承を得たことにし、結婚を進めていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >