2018/05/28 12:00

長渕剛が生歌で“TOKIOにエール”、森圭介アナが号泣

 5月23日放送の『スッキリ』に、歌手の長渕剛(61)が生出演。TOKIOにエールを贈る場面があった。

 この日、ハリセンボンの近藤春菜(35)が仕切る“HARUNAまとめ”のコーナーで、長渕がスタジオに登場し、VTRでこれまでの活躍や最近の様子などについて紹介された。

 その後、長渕は5月16日に発売した新曲『Don’t Think Twice~桜並木の面影にゆれて~』をスタジオで披露した。

 そして、近藤が「今回、もう一曲歌っていただけるということなんですけども、何を歌っていただけるんでしょうか?」と問いかけると、長渕は、「えっとね、2007年にTOKIOに書いた歌を歌う。『青春』っていう歌」と説明。司会の加藤浩次(49)が「なんでTOKIOのこの歌に今回」「エールって意味もありますか?」と尋ねると、長渕は「あるね」と明言した。

 長渕はTOKIOに提供した『青春 SEISYuN』をセルフカバーし、熱唱。加藤が「ちょっと長渕さん、僕も当然グッときたんですけど、森君が泣いちゃってるんですよ」と言い、カメラが切り替わると、日本テレビの森圭介アナウンサー(39)が号泣していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >