2018/06/09 13:30

『半分、青い。』、中村雅俊の“仙吉じいちゃん”は役者としての新基軸!?

※画像はNHK『半分、青い。』番組公式サイトより
※画像はNHK『半分、青い。』番組公式サイトより

 連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)の視聴率が好調だ。一時は平均視聴率が20%を切ることも少なくなかったが、最近は20%以上を記録することが当たり前になってきた(ビデオリサーチ調べ/関東地区)。ドラマ放送開始から2か月が過ぎ、視聴者の心を見事につかんだようで、ブームになる予感も感じられる。ヒロインの鈴愛(永野芽郁/18)の恋も盛り上がってきて、これからさらに注目だ。今回は6月1日の放送回を振り返ってみよう。

 正人(中村倫也/31)と花火をして、キスをする寸前までいった鈴愛。ドキドキが最頂点を迎えたが、二人の花火は途中で終わってしまう。その後、鈴愛の母、晴(松雪泰子/45)が東京を訪れ、秋風(豊川悦司/56)たちの歓迎を受ける。一方、ふくろう町の人たちは穏やかな時間を過ごしていた。宇太郎(滝藤賢一/41)たちは、ともしびでお酒を飲み、和子(原田知世/50)たちはボクシングに汗を流し、夜になって鈴愛の実家では祖父の仙吉(中村雅俊/67)がギターを弾きながら歌を歌っていた……。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >