2018/06/10 02:00

林修先生も知らない!? 辞書と歯磨き粉とホワイトチョコの深い関係

 6月3日放送の『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)で“辞書と歯磨き粉とホワイトチョコレート”の意外な関係が明かされ、MCを務める予備校講師でタレントの林修氏(52)を驚かせた。

 この日「知識人たるもの辞書を読むのは当然!」と豪語していた林氏に出題された“初耳学”第四問は「辞書を作るには、歯磨き粉とホワイトチョコレートの材料が不可欠」というもの。林氏はその理由を、自信なさそうに「辞書の背の部分をとじるのりが、歯磨き粉にも使われている」と答えたが、残念ながら不正解だった。

 そんな林先生の“初耳学”に認定された問題の答えは、「歯磨き粉とホワイトチョコレートの材料のおかげで、辞書の紙は薄いのに透けない」というもの。実際に通常の紙と辞書の紙の透け方を比較してみると、辞書用紙のほうが文字が透けていないのが確認された。

 続いて静岡県富士見市にある、辞書用紙を製造している工場にカメラが入ると、紙の材料を混ぜている工程が映し出され、繊維であるパルプに炭酸カルシウムや二酸化チタンが混ぜられていた。そこで、“初耳ポイント”として、炭酸カルシウムは歯磨き粉の研磨剤に使われ、二酸化チタンはホワイトチョコレートなどの着色料として使われており(ともに商品によって異なる)、これらを辞書用紙の材料に使用することで、薄くても透けない紙になると解説され、スタジオに驚きの声が上がった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >