2018/06/13 10:00

『正義のセ』、三浦翔平の“絶妙ニヤケ顔”に大反響「かわいすぎる!」

 6月6日、『正義のセ』(日本テレビ系)の第9話が放送。三浦翔平(30)演じる検事の大塚仁志が、不意に見せた笑顔が女性視聴者の間で話題になっている。

 このドラマは、2年目の駆け出しの検事の竹村凜々子(吉高由里子/29)の成長を描く物語。今回の第9話では、凜々子が過去に担当した痴漢事件の真犯人が逮捕され、当時起訴した被疑者の村井直陽(東幹久/48)が無実だったことが判明する。

 検事として冤罪だけは出さないと誓っていた凜々子は、自らの過ちを痛感してショックを受ける。さらに、「無実の人間を起訴した検察官」としてマスコミからバッシングされ、落ちこんだ日々を送っていた。

 そんな中、大塚検事は事件の真犯人を起訴した埼玉地検の同期に働きかけ、捜査資料を入手。そして真犯人がネットの痴漢サイトの常連だったことが明らかになる。

 さらに調査を進めると、村井もそのサイトに書きこみを繰り返す、痴漢の常習犯だったことが判明。村井は逮捕時の容疑こそ無実だったものの、同じ車両で別の女子高生に迷惑行為を行っていた。こうして大塚のおかげで捜査は進展し、凛々子は村井の起訴に成功する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >