2018/06/14 16:00

林先生ギブアップ! シャープペンの消しゴムが消えにくい理由とは?

 6月10日放送の『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)で、シャープペンシルについている小さな消しゴムについて意外な“初耳学”が明かされ、MCを務める予備校講師でタレントの林修氏(52)を驚かせた。

 この日、林先生に出題された3つ目の“初耳学”は、「シャープペンシルには小さい消しゴムがついているが、消えなくてイライラしてしまう。普通の消しゴムは良く消えるのに、なぜシャープペンシルの消しゴムは、あんなに消えにくいのか?」というもの。林氏が悔しそうに、この“初耳学”を知らないことを認める“初耳”ボタンを押すと、スタジオには「知ってそうなのに!?」と驚きの声が上がった。

 シャープペンシルの消しゴムが消えにくい理由は、消しゴムに使われる素材にあるそうで、文具メーカー、ぺんてる株式会社商品開発本部の岡井禎宏さんは「普通の消しゴムとシャープペンシルの消しゴムは、素材がまったく違うんです」と説明。さらにVTRで、普通の消しゴムはプラスチック製でゴムが紙の繊維の隙間に入り、鉛筆の粒子をくっつけて取り除く一方、シャープペンシルの消しゴムは硬いゴム製で、紙の表面ごと削り取ってしまうため、繊維のすき間に入った粒子をうまく取れないのだと解説された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >