2018/06/22 23:30

森三中・大島美幸、10年前の解散危機を語る「向いていないな、お笑い」

 6月18日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、森三中の大島美幸(38)、村上知子(38)、黒沢かずこ(39)が出演。くりぃむしちゅーの上田晋也(48)らに、約10年前の解散危機を告白した。

 番組の冒頭、結成20周年と紹介されて登場した森三中に、上田が「10年ほど前に特番で冠番組を持ったが、三人ともMCがうまくできず、本気で解散を考えた」という意外な事実を明かすと、スタジオからは驚きの声が上がった。これについて聞かれた大島美幸は「(ある番組で)若手芸人がたくさん集まりまして、“自分たちのコーナーを持って誰が一番視聴率がとれるか?”っていうのがあった」と説明。この企画で、森三中が高視聴率を獲得したところ、そのご褒美で冠番組を1回だけやらせてもらうことが決まり、1時間のトーク番組でMCを務めたという。

 ところが、いざ番組収録が始まると、ゲストの先輩芸人たちのトーク力に圧倒された森三中は、MCにもかかわらず、蚊帳の外に置かれてしまったそうだ。その中で、ずっとうなずくしかなかったという大島は「MCができません。悔しいです」と、収録中に泣き出してしまったのだとか。そして大島美幸は、番組の収録後に楽屋に戻ると三人で「向いてないな。お笑い」と反省し合い、いつやめるかを話し合ったことを告白。これに驚いた上田が「そこから、どうやって今に至ったの?」と質問したのだが、大島は「立ち直らずに、そのままズルズルと今はやってます」と答え、上田を「倒れたまま、ただ生きてるだけなんだ」と笑わせていた。

「芸人にとってMCを務めるのは憧れかもしれませんが、他にも体を張るなど、生き残るための方法はたくさんあります。森三中もMCは経験不足ながら、20年間も第一線でやってこれたんですから、立派なものだと思いますよ。MCにこだわらず、これからも頑張ってほしいですね」(お笑いライター)――やめなくて良かった!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >