2018/07/07 11:00

『半分、青い。』漫画とドラマのコラボに注目!『花とゆめに』にあの作品が掲載

※画像はNHK『半分、青い。』番組公式サイトより
※画像はNHK『半分、青い。』番組公式サイトより

 永野芽郁(18)がヒロインの鈴愛を演じる連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)は、今週、ドラマの大きな節目を迎えた。鈴愛が漫画家をやめて「東京・胸騒ぎ編」と題された漫画家時代が終了し、「人生・怒涛編」に突入したのだ。斎藤工(36)や間宮祥太朗(25)ら人気俳優が登場したことも話題になっているが、今回は感動を巻き起こした7月4日の放送回を振り返ってみよう。

 鈴愛は自分が描きあげた最後の漫画を秋風(豊川悦司/56)に見せ、漫画家をやめたいと伝える。最初は止めようとしていた秋風だったが、ついには受け入れ、鈴愛は漫画家をやめることになった。鈴愛たち秋風塾の面々は、秋風から生原稿を譲り受け、鈴愛は秋風ハウスから去る。秋風は涙を流しながら、弟子たちの旅立ちに思いを馳せるのだった……。

 弟子たちをそっと見送る秋風の姿にもグッときたが、鈴愛の引越しシーンが泣けた。ユーコ(清野菜名/23)とボクテ(志尊淳/23)、青春を一緒に過ごした二人の優しさにも。シーナ&ロケッツの名曲『You May Dream』をBGMに三人がはしゃぐシーンは、あえて回想を織り交ぜなかったことで前向きな別れを表現し、『半分、青い。』前半の名場面となった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >