2019/01/11 07:30

貴乃花と宮沢りえ、破局の裏にあった「黒幕」と「協会乗っ取り計画」

 元貴乃花親方(46=花田光司氏)が1月2日、日本テレビ系の『新春しゃべくり007超最強ゲスト初夢共演SP』に出演。作家で尼僧の瀬戸内寂聴との対談で、昨年3月にV6・森田剛と再婚した、かつての“婚約者”宮沢りえ(45)について初めて語ったのだ。

 寂聴が、最近のりえについて「今は幸せでね、好きな人ができてね」と話すと、貴乃花は「勝手にホッとします。実はず〜っと……(心配していた)。そうなんですね。あ〜」とつぶやき、何度もうなずいた。

 貴乃花とりえの2人が婚約会見を行ったのは1992年11月のこと。だが、その2か月後、大関に昇進したばかりの貴乃花は「(りえには)もう愛情がなくなった。もう会ってもいない」と冷たく突き放し、あっさり破局した。『週刊大衆』でも既報の通り、この婚約破棄の背景に、故・りえママの猛反対があった。だが、さらなる新事実がある。

 日本相撲協会関係者は、「貴乃花親方は昨年、相撲界を去り、協会とのしがらみがなくなった。だからこそ、宮沢のことを振り返れるようになったのでは」と言う。いったい何があったのか。改めて“世紀の破局”の真相に迫ってみよう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >