2017/06/08 14:50

奪われた時間は過去?それとも未来?冤罪の補償は1日最高1万2500円!?「冤罪」について弁護士に聞いてみた!

今さらながら、『プリズンブレイク』にハマっています。世界規模の大ヒット作ですから、やはり面白いです。次から次へと予測できない事件が起こり、展開が二転三転。主人公のイケメン具合も最高です。

こちらの作品のテーマのひとつが「冤罪」。ニュースなどでは時々目にするこの「冤罪」ですが、意外と「冤罪」の補償やその後について知る機会はありません。冤罪となった人はどれだけの補償を受けるのか、冤罪を罰してしまった機関や人に何らかの裁きはあるのか。今回は、この「冤罪」について改めて掘り下げてみようと思います。

--記者
ドラマや映画ではよく見る「冤罪」や「誤認逮捕」ですが、実際にも実は結構起こっているものなのでしょうか?なお、法律、裁判、起訴など、罪の確定はどのような流れ、場所で、最終的に誰によって決まるものなのでしょう?改めて教えて頂けますでしょうか?

--岩沙先生
犯人ではないのにもかかわらず犯人のように扱われる冤罪や誤認逮捕は実際に起こっています。根本的な原因は「人が裁く」ことにあります。裁判官も神さまではないので、証拠から判断できる過去の事実と本当の事実がズレてしまうのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >