2017/06/13 14:30

経済力は重要視されず、基準は「母性優先の原則」!「親権に関する法律」について弁護士に聞いてみた!

2017春ドラマ「母になる」。それぞれに抱える過去や現実が明かされ、いよいよ終盤に向け盛り上がってきました。お腹を痛めて子を産んだ母、時間と愛を注ぎ育てた母、それぞれに抱える想いが伝わってきて、子を持つ親としても非常に考えさせられるドラマです。

さて、このドラマのテーマでもある「母になるとはどんな事なのか」。今回はそんな視点から、改めて「親権」について弁護士の先生に聞いてみました。今回、「親権」について教えて頂いたのは、アディーレ法律事務所の吉岡一誠先生です。

--記者
先日のココリコ田中さんの離婚報道の中で、親権を田中さんが持つという事も大きな話題となりました。改めて親権について教えて頂ければと思います。親権とは具体的にどういった権利・義務が発生するものなのでしょうか?

--吉岡先生
親権とは、子を養育監護し、その財産を管理する権利義務であり、大別すると身上監護権と財産管理権に分けられます。

身上監護権には、子の住む場所を指定する権利(居所指定権)、子に対してしつけをする権利(懲戒権)、子が就業することを許可する権利(職業許可権)、認知の訴えの提起など子の身分行為に関する代理権や同意権などが含まれます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >

おすすめキャンペーン