2017/07/14 10:20

少年院で前科は付かない!?まるで全寮制の学校のようなもの!?「少年法」について弁護士に聞いてみた!

2017春ドラマ「犯罪症候群」や「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」にて、テーマのひとつとなっていた「未成年」による犯罪。物語の中で起こる20歳未満の子供たちによる犯罪と、それと対峙する主人公たちの悶々とした想い。作品を見ている視聴者も何か感じるものがあったのではないでしょうか?

この未成年による犯罪を取り締まる法律として「少年法」というものがあります。今回は、そんな「少年法」に対しての疑問を弁護士の先生にぶつけてみました。今回お答え頂いたのは、アディーレ法律事務所の正木裕美先生です。

--記者
ニュースでも時々耳にする「少年法」についてですが、改めて法律としてどのように定められているのか、詳しく教えて頂けますでしょうか?

--正木先生
少年法は、少年の保護・教育を理念とし、非行のある少年に対して性格の矯正及び環境の調整に関する保護処分をおこなうことなどを目的としています。「この法律は、少年の健全な育成を期し、非行のある少年に対して性格の矯正及び環境の調整に関する保護処分を行う」(1条)。法律の大前提としてあるのは、少年は可塑性に富んでいること、簡単にいうと、成長過程にある未熟な存在であり、少年の更生のためには制裁や懲罰を与えるよりも、適切な保護や教育等の措置を行う方が有効だという考え方です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >