2017/08/10 10:55

電車事故で億単位の損害賠償が認められたケースも!「電車事故による賠償」について弁護士に聞いてみた!

2017年の春ドラマ『リバース』では、市原隼人さん演じる谷原康生がホームから転落し大ケガを負うシーンがありました。こういった電車事故は決してドラマの世界だけの話ではなく、現実のニュースでも良く目にします。通学電車に間に合わず学生が踏切に進入して電車事故に。痴漢を疑われた男性が線路に逃げ込み電車に轢かれて・・・。

ニュース自体がショッキングな内容のためか、その後の「電車事故による賠償」について触れられる事は少なく、私たちにその情報が届く事は少ないかもしれません。そこで今回は、そんな「電車事故による賠償」についての疑問を弁護士の先生にぶつけてみました。今回お答え頂いたのは、アディーレ法律事務所の篠田恵里香先生です。

--記者
上記のように、ニュースで報道されているような電車事故でも多かれ少なかれ「賠償」というのは発生しているのでしょうか?

--篠田先生
法的には、「線路に立ち入った等の行為によって、電車の運転見合わせ・遅延を発生させた」場合には、「故意または過失によって鉄道会社に損害を与えた」という評価になり、民法709条の不法行為が成立します。この不法行為に基づいて、行為者が鉄道会社に対し賠償責任を負うということになります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >