2017/08/22 11:00

3年ぶり開催の“国民的美少女コンテスト”グランプリが決定 その審査ポイントを探る

グランプリに輝いた京都府の中学2年生、井本彩花さん
グランプリに輝いた京都府の中学2年生、井本彩花さん

これまで米倉涼子さん、上戸彩さん、武井咲さんら多くの人気女優・モデルを輩出してきた「全日本国民的美少女コンテスト」が、今年3年ぶりに開催。先日本選大会が行われました。そしてグランプリをはじめ7人が入賞、未来のスター候補がここに生まれました。新時代の美少女、今回のグランプリはどんなタイプだったのでしょうか。

グランプリは京都出身の中学2年生 “国民的美少女”の伝統を汲んだ正統派

全日本国民的美少女コンテストは、後藤久美子さんをイメージキャラクターとして1987年に第一回大会が開催。グランプリには現在も女優として活躍している藤谷美紀さんが選ばれています。グランプリ以外にも「審査員特別賞」「演技部門賞」「音楽部門賞」などの部門賞があり、毎回7〜10名程の入賞者が生まれます。上記のほかにも、剛力彩芽さん、河北麻友子さん、福田沙紀さん、忽那汐里さんら人気の女優・モデル・タレントらを輩出しています。

今年で15回目の開催。今回本選大会に参加したのは8万通を超える応募の中から予選を勝ち抜いた21人。下は12歳の小学6年生から上は17歳の高校2年生まで。ウォーキング、自己PRに続き、歌唱、演技の審査に臨みました。みんな緊張は隠せないものの、話す内容はしっかりしていたうえに、歌で音程を外したり高音が出なくて失敗しても、泣いてしまったり崩れてしまうことはなく、ハートの強さがうかがえました。このコンテストではファイナリストは前日までに練習やリハーサルをみっちり行うこともあってか、みんな口を大きく開けてハキハキ話す様子も印象的でした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >