2017/08/29 10:25

アイドルの衣装のスタンダード“制服ふう”衣装、いつから始まった!?

9月には“生誕25年祭”ライブを行う制服向上委員会
9月には“生誕25年祭”ライブを行う制服向上委員会

AKB48グループや乃木坂46を中心に、大人数アイドルグループの衣装として“制服ふう”衣装は今やスタンダードなものになってきています。中高生世代のメンバーが中心のグループにおいて、制服衣装はその魅力をさらにアップさせるのに効果的なアイテムだといえます。このアイドルグループの制服衣装は一体いつ頃から始まったのでしょうか。

大人数グループの先駆け「おニャン子クラブ」 放課後の女子高生のイメージながら制服の歌衣装は…

制服衣装は、10代の女の子の可愛らしさ、清楚さを際立たせ、主に男性ファン心をくすぐる要素は大きく、女子中高生世代中心のアイドルグループにとっては、キラーアイテムと言えます。大人数のグループの場合、必ずしも全員が美人タイプじゃないとしても、“制服マジック”で可愛く見えるという効果もあります。

大人数アイドルグループの先駆け的な存在が1985年にデビューした「おニャン子クラブ」でした。おニャン子クラブは、現在AKB48グループのプロデュースを手掛けている秋元康さんが作詞や企画を行っていたグループとしてよく知られています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >