2017/09/25 18:55

ミヤコ蝶々の人生描く大阪弁ミュージカル 出演者が語る思い

[写真]「蝶々さんの日記」の発表会見。(左から)魅多羅詩じゅん子、笑福亭生喬、日向利一館長、阪上めいこ、笑福亭生寿、えーぱん(山本英二)
[写真]「蝶々さんの日記」の発表会見。(左から)魅多羅詩じゅん子、笑福亭生喬、日向利一館長、阪上めいこ、笑福亭生寿、えーぱん(山本英二)

 なにわの名女優・ミヤコ蝶々(1920~2000)の人生がミュージカル化される。大阪・八尾の劇団が大阪弁ミュージカル「蝶々さんの日記」を10月21、22両日にあべのハルカス近鉄本店内にある小劇場「近鉄アート館」で上演、その発表会見がこのほど「ミヤコ蝶々記念館」(大阪府箕面市)で行われた。

紫綬褒章、勲四等宝冠章など受賞した日本喜劇界の女優

 ミヤコ蝶々は、紫綬褒章、勲四等宝冠章などを受賞した日本喜劇界の女優、漫才師。三遊亭柳枝、南都雄二との結婚、離婚。

 「新婚さんいらっしゃい!」などの先駆けとなった視聴者参加番組「夫婦善哉」の司会で人気を博した。長らく喜劇界をリードし、なにわのオカンとしても親しまれ、没後17年になる。

 会見には、劇団「SHOW-COMPANY」(八尾市)の阪上めいこ代表(ミヤコ蝶々役)、日向利一館長、笑福亭生喬、笑福亭生寿、魅多羅詩じゅん子らが出席した。同作は平成29年度文化庁芸術祭参加作品でもある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >