2017/09/30 12:09

10月に「大阪文化芸術フェス」NMB48メンバーら意気込み

[写真]大阪文化芸術フェスの開催発表会見に臨んだ松井府知事(前列中央)と各ジャンルのアーティストたち=大阪市中央区府知事公館
[写真]大阪文化芸術フェスの開催発表会見に臨んだ松井府知事(前列中央)と各ジャンルのアーティストたち=大阪市中央区府知事公館

 落語、浪曲、漫才からOSK、NMB48、小劇場演劇まで、多彩なジャンルのアーティストが一堂に集まる珍しいシーンが実現した。舞台は10月に開催される本格的な文化祭「大阪文化芸術フェス」開催発表会見場で、キーワードはコラボだ。

大阪のおもてなしを全身で感じてほしい

 会見場のひな壇にはジャンルを超えて多彩なアーティストが集結。もっとも若手に当たるNMB48の内木志さん、城恵理子さんが緊張した面持ちで「私たちの活動が大阪の文化芸術として認められ、歴史ある伝統芸術の人たちとご一緒できることを誇りに思います」「あまり知らなかった歌舞伎や文楽と出合えるのがうれしい」と話した。大阪・ナンバを拠点にアイドルとして活動する若手のやや背伸びをした抱負が、新しい文化フェスの独自性を物語る。

 松井一郎知事は「大阪のすべての文化を、内外から大阪を訪れる皆さんにお届けしたい。私は文化にあまり熱心ではないなどと言われてきたが、いつか悪い評判をひっくり返そうと思っていた」とあいさつ。隣にいた落語家の桂文枝さんが「それを待ってました」とエールを送ると、知事は「世界中の人たちに大阪のおもてなし、ホスピタリティを全身で感じてほしい」と意気込んだ。

 文枝さんは新作落語と能のコラボレーションに挑む。「各ジャンルの優秀な人たちとともに活動できることが楽しみだ。みんなでコラボをすれば、ひとつの分野だけでは退屈に感じても、いろいろ観てもらうと分かりやすいのではないか」と話し、「今回私は能とコラボするが、できればOSKと共演したい」と笑いを誘った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >