2017/10/23 22:43

今度の月9は政治ドラマ 主演の篠原涼子は民衆の支持を集められるのか?

“月9”『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』
“月9”『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』

 篠原涼子が主婦から市議会議員となって奮闘する“月9”『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)がいよいよ23日スタートした。いよいよ、というのは、衆議院議員選挙のため当初の予定より1週延期されたからだ。

唐突な設定だが、政治に興味を抱くきっかけ狙う? 篠原の活躍は2話以降に期待

 平凡な団地暮らしを送る佐藤智子(篠原)と夫の公平(田中圭)、息子の駿平(鳥越壮真)。一見、幸せな家庭生活を送っているように見え、夫婦にはある欠点が。業務上、納得いかないことがあると、つい逆らってしまう。そのため、すぐ仕事を解雇される。今回は夫婦同時に仕事を失い、大ピンチ。智子が求人情報を当たっていると、居住地の市議会議員の当選率が8割以上と知り、議員年俸にも惹かれ立候補を決意。なけなしの貯金50万円で選挙に身を投じる。当たって砕けろのぶっちゃけた選挙活動が功を奏し、なんとか当選。晴れて議員となった智子を、いかなる事態が待ち受けるのか。いささか唐突な設定だが、そこがこのドラマの真骨頂なのだろう。国会ではなく市議会議員という距離感は、より庶民の日常生活に密着した話題を取り上げることができる。これを観て政治に興味を持つ人も、いるかもしれない。

 安定の篠原涼子。ややくたびれた感のある主婦から、ビシッとしたスーツに身を包んだ変身ぶりには、「おぉ、カッコいい篠原、降臨」と感じさせられる一場面はあるものの、1話を観る限りは可もなく不可もなしといった印象。魅力ある人だけに、もっと弾けて欲しいところ。2話以降に期待したい。
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >