2017/10/31 17:10

AKB48チーム8の小栗有以、「まゆゆさんのアイドルらしさ吸収していきたい」

小栗有以(撮影:志和浩司)
小栗有以(撮影:志和浩司)

 チーム8にはAKB48の次代を担う逸材が揃っている。従来の「会いに行けるアイドル」とは異なり、メンバーのほうから全国各地のファンに「会いに行くアイドル」がコンセプト。各都道府県から1人ずつ選出された47名で2014年にスタート、地域に根ざした活動でファン一人ひとりの心に元気を届ける。今回は関東エリア・東京都代表の”ゆいゆい”こと小栗有以をクローズアップ。15歳、高校1年生。AKB48の50枚目のシングル「11月のアンクレット」(11月22日発売)選抜メンバーに選ばれ、人気急上昇中だ。

好きだったAKB48のオーディションに友達と挑戦

 「ちっちゃいころはわんぱくで、外で遊ぶのが大好きで、よく転んで絆創膏すごかったんですよ。授業も体育が一番楽しみで。小学校まではみんなでドッジボールしたり鬼ごっこしていたんですけど、中学に入ったらみんな大人になったのか、部屋の中でお話したいって感じで……」

 儚ささえただよう清楚系のルックスからは想像つかないが、そもそもオーディションも学校の友達と受けるつもりだったとか。

 「私を含め仲の良い4人で受けようって誘われたんですけど、でも他の3人はちょっとノリでふざけて言ってたんです。私だけが本気にしていたので、家族にも話をしていて、おばあちゃんが、『やってみたら』って背中を押してくれて」

 芸能人になろうとは最初は思っていなかったが、AKB48は好きだった。

 「『ヘビーローテーション』をテレビで観て、(大島)優子さんをかっこいいなと思ったり、前田敦子さんとか、ほかの先輩方もすてきだなと思って。検索して動画観たり、友達と学校でAKB48の話をしたり。キラキラ輝いていて、テレビ越しでも自分も笑顔になれました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >