2017/11/07 18:20

辻希美、SNS駆使プロデュース力の根源は、モー娘。時代の劇場型戦略にあり

辻希美(2012年撮影:志和浩司)
辻希美(2012年撮影:志和浩司)

 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が出演したAbemaTV「72時間ホンネテレビ」は、総視聴者数7400万超と記録的な注目を集めたが、さまざまな企画やゲストがいる中、キャラ弁対決で注目を集めたのが辻希美だ。

 辻はブログをはじめ、ネットでのなかなかのPR巧者。ストレートな性格ゆえか、育児の話題をはじめ炎上することも過去たびたびあったが、それさえ取り込んでエネルギーにしてしまうようなたくましさがある。12歳から芸能界デビューし、紆余曲折ありながら生き抜いてきた根性はダテではないということだろう。

辻希美のSNS駆使の自己プロデュース力がすごい

 まだモーニング娘。に在籍していたころから辻を知るという地上波放送局の50代男性プロデューサーは、最近のSNS活用ぶりについて話す。

 「7月から新たにインスタグラムを始めたんです。インスタでは後発組ですが、すでにフォロワーも20万人を突破していますよ。今回のキャラ弁対決も積極的に発信しています。写真がネット解禁となった稲垣、草なぎ、香取をはじめ、市川海老蔵らとの集合写真や2ショットなどを何枚も掲載しています」

 ファンを喜ばせるとともに、注目度もしっかり高めているようだ。

 都内出版社に勤務する40代男性編集者は、そんな辻の自己プロデュース力を評価する。

 「インスタグラムは写真が一覧で表示されるので、辻のプロデュース力の高さがよくわかります。たとえば七五三の写真でもバックショットや家族の記念写真、夫の(杉浦)太陽との2ショットなど何枚もの写真でグラビアのように構成していますね。キャラ弁の写真もこれでもかっていうぐらい何種類もアップしますし、番組出演時のバックステージでの写真などもよく様子がわかるんですよ」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >