2017/12/02 11:30

<俳優生活40年>妹尾和夫 個性的な後輩たちとの出会い

[写真]劇団パロディフライの本公演「コペルニクスさん家はおとなりです。」稽古の休憩の際にインタビューに答えた妹尾和夫=大阪市福島区で(撮影:柳曽文隆)
[写真]劇団パロディフライの本公演「コペルニクスさん家はおとなりです。」稽古の休憩の際にインタビューに答えた妹尾和夫=大阪市福島区で(撮影:柳曽文隆)

 多くの部員を勧誘し勢力を拡大し、2年生で本公演の演出の座も勝ち取る活躍ぶりをみせた妹尾和夫。年を追うごとに後輩ら仲間との出会いも増えていった。

自分の受けた俳優試験に通った後輩

 そんな中でも、特に仲良くなった後輩がいた。「僕の演出した演劇でも頑張ってくれたし、次の年は彼が演出をやったんです」と妹尾はうれしそうに振り返る。その後輩の名前は神谷光明。妹尾が初演出をした際も、中心的に活躍した後輩だった。

 神谷はどんなことも積極的に取り組み、驚くようなことを成し遂げたこともあったと妹尾は振り返る。「神谷は大学時代に文学座に合格したんですよ」

 文学座の合格を得た神谷は、真っ先に妹尾のアパートを訪ねてきた。本人は「適当にやった」というが、妹尾は「適当で合格できるような試験ではない」というのがよくわかる。なぜなら、自分も受けたからだ。しかし、結果は不合格だったが。

神谷の文学座試験合格法は?

 試験は難関な課題もあった。例えば「バレエ」の試験もあったはずだ。妹尾は「バレエはどうやってパスできた?」と真っ先に聞いた。すると、神谷は「ブルースリーのテーマソングのカセットテープを持っていって、格闘シーンを披露したんです」と答えた。その当時、流行っていた香港映画のワンシーンを早々と取り入れ披露。審査員席はそんな姿に沸いていたという。

 しかも神谷の同期は、後にドラマ「太陽にほえろ!」でボンボン刑事として活躍する宮内淳や、女優の高瀬春菜などもいたという。「受験者の中には、その試験をパスするためにバレエや歌などを習ったりして努力している人が多かった。神谷の合格のパターンは、その人たちが聞いたら怒ったでしょうね」。妹尾は神谷がアパートで報告してくれた時のことを、うれしそうに話していた。

 神谷の代には、卒業後に大手の劇団で照明を担当する人、アダルトビデオの監督になった人など、個性的なメンバーも勢ぞろい。そうした後輩たちとも演劇を楽しく作っていった。そして、後輩たちとは卒業後に、この時深めた絆のもと行動することとなる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >