2018/04/13 18:47

ネオナチの父親の言葉に込められた思い ドイツ映画『女は二度決断する』

ファティ・アキン監督(左)とダイアン・クルーガー(右)<撮影:田村豊>
ファティ・アキン監督(左)とダイアン・クルーガー(右)<撮影:田村豊>

 『愛より強く』(2004)『そして、私たちは愛に帰る』(07)『ソウル・キッチン』(09)と世界三大映画祭を征したファティ・アキン監督。トルコ系ドイツ人であるアキン監督の作品は、トルコ、およびトルコ移民が抱える問題を扱う社会派作品が多い。ダイアン・クルーガーが、アキン監督に作品への出演を訴えた2012年のカンヌ映画祭でも、トルコの村に建設されたごみ処理場問題をめぐるドキュメンタリー『トラブゾン協奏曲~小さな村の大きなごみ騒動~』が上映されていた。果たしてクルーガーは本作『女は二度決断する』への主演が決まったわけだが、それは本作にとっても、クルーガーにとってもプラスに働いたのではないか。

 クルーガーは、英国ロイヤル・バレエ団でキャリアを始め、パリでモデルとして成功し、ブラッド・ピット主演のハリウッド映画『トロイ』(04)で王妃を演じ、世界的スターとなった。世界の映画祭で高評価を得る作家と、ハリウッドスターのコラボレーションは、お互いにどんな影響を与えたのか? まずはその点からうかがった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >