2017/03/18 10:00

映画「3月のライオン」神木隆之介 初の二部作主演の重圧で胃痛!?

映画「3月のライオン」で主演を務める神木隆之介/撮影=諸井純二
映画「3月のライオン」で主演を務める神木隆之介/撮影=諸井純二

羽海野チカの人気コミックを映画化した「3月のライオン」(前編 3月18日・土公開/後編 4月22日・土公開)で主演を務めた神木隆之介。若き天才と称される17歳のプロ棋士・桐山零を演じた彼に、この映画に対する思いや撮影の裏話を聞いた。

■ 漫画の実写化はリスクが大きいと思う

――原作のファンだったそうですが、原作との出会いはいつごろでしたか?

20歳ぐらいのときです。知り合いに「これ面白いから読んでごらんよ」と言われて。本当にふとした瞬間の出会いでした。最初は普通に将棋の漫画だと思って読んでいたのですが、棋譜の読み方がわからなくても楽しめるというか、それ以上に人間の温かさや、答えのない人間の迷いや気持ちがストレートに伝わってくる漫画だと思いました。

――出演のオファーが来たときと、脚本を初めて読んだときの感想を教えてください。

お話をいただいたときは、うれしかったです。しかし、こう感じてほしいという答えがない原作だと思いましたし、自分がそう思ってしまったからこそ、それを自分で表現しなくてはいけないのは大変だし、すごく難しい作品だなと思いました。というのも、僕が読んで、ほかの誰かが読んだとしても、僕とその誰かでは違う意見があって、それについて楽しく話せる原作だからこそ、答えを出してはいけないんだろうなと。大友(啓史)監督とも「日常だからこそ、決めごとを作っちゃダメだよね」という話をしていて。これといった正解もないから「自由に一回やってみようか」というのを繰り返していました。原作でもポイントとなる体勢や動き、タイミングというのはあるのですが、それにとらわれ過ぎてしまうと、ただのまねごとになってしまうし、それは絶対にイヤだったから、零を通して感じたままに演じようと思いました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >