2017/03/26 17:00

千葉雄大 女子の“暗黒面”は「好きになったら帳消し」

映画「暗黒女子」で女子生徒に翻弄される教師を演じる千葉雄大/撮影=カノウリョウマ
映画「暗黒女子」で女子生徒に翻弄される教師を演じる千葉雄大/撮影=カノウリョウマ

お嬢様高校を舞台に女子の暗部を描いた映画「暗黒女子」(4月1日・土公開)で、文学サークルの顧問・北条を演じる千葉雄大。女性キャストだらけの作品で「“借りてきた猫”状態になってましたね(苦笑)」と話す千葉に、映画の見どころを聞いた。

──原作は読んだあとに残るイヤな気持ちがクセになる“イヤミス”の傑作小説。女子の秘めたる暗黒面を描いた物語ですが、男性としてはどんな感想を持たれましたか?

超セレブな女子高のきらびやかな世界観が、一見、非現実的なファンタジーのようで、10代の女の子の関係性がとてもリアルで、不思議な読後感でした。エンタテインメントに面白く描いてはいるんですが、こんなことないでしょ、あったら怖いよ、とも思えなくて。

──ということは、千葉さんも女子の暗黒面を目撃したことが?

結構、いまどきの男子は見てると思いますよ。昨日まで仲良しだったグループの1人が、次の日にいきなり外れてたりとか、3人でしゃべってたうちの1人がトイレに行ったとたん、2人がその子の悪口を言い合うとか、あるあるだと思うけど、僕も中学校の頃に目撃したことがあります。学校って閉じた世界だから、人間関係が濃厚で複雑になりがちなんですよね。そこのイヤな面を、怖く面白く抽出して描いた作品だなと思いました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >