2017/04/09 06:00

ドラマ版に続いて映画版がまもなく公開! 「笑う招き猫」飯塚健監督インタビュー

出会って7年、コンビを組んで5年の女性漫才師が織り成す “青春《しゃべくり》ガールズ・ムービー”「笑う招き猫」/(c)山本幸久/集英社・「笑う招き猫」製作委員会
出会って7年、コンビを組んで5年の女性漫才師が織り成す “青春《しゃべくり》ガールズ・ムービー”「笑う招き猫」/(c)山本幸久/集英社・「笑う招き猫」製作委員会

「荒川アンダー ザ ブリッジ」シリーズ(ドラマ版=’11年TBS系、映画版=’12年公開)や、ドラマ「REPLAY&DESTROY」(’15年TBS系)、「神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎」(’16年TBS系)、映画「風俗行ったら人生変わったwww」('13年)、「ブルーハーツが聴こえる」(’17年)などなど、常に話題作を世に放ち続ける飯塚健監督の待望の最新作「笑う招き猫」がついに完成。4月11日(火)(※MBSは4月9日[日])に最終回を迎えるドラマ版に続いて、映画版が4月29日(土)に全国公開される。

原作は山本幸久の同名小説。清水富美加と松井玲奈が扮する女性漫才コンビを軸に展開する、笑いあり、涙ありの青春物語だ。

■ 映像化の術が思い浮かばない原作に惹かれます

――飯塚監督のフィルモグラフィーをたどってみると、原作ものが多い印象があるのですが、小説や漫画を映像化するときに心掛けていることはありますか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >